ふたりの子供のママの日常から。現在マイアミより発信中。
by vivaboca
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
boca
boca jr.
lila
american life
french country life
caribbean life
mexican life
from the kitchen
recipe
vacation
@france
@japan
@mexico
@bay area
@florida
@brussels
arts & goods
books & movies
...and more
以前の記事
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
カボチャのココナツ煮
from a little taste..
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
じゃっ。
from 本日の、のんし。
水まんじゅうは、瑞々しく!
from 本日も和菓子日和です
大きなプレートのごはん。
from Rolling in Mor..
ライフログ
タグ
(28)
(24)
(22)
(19)
(18)
(17)
(13)
(12)
(11)
(8)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:サンバルテルミ ( 19 ) タグの人気記事
Joyeux Noël !
日本に半日ほど遅れて、こちらただいまクリスマスイブの朝。
e0061766_20335054.jpg

教会に飾りつけられていたcrèche(キリスト誕生の時のうまやの群像模型)、あまりにもその上の島の家のミニチュアがかわいらしかったので。ほんとに、こんなふうに崖っぷちに転げ落ちそうなかんじで家が建っているのです。

今日の夜はその教会でキャロルを歌うことになっています。
今年のイブは来客を予定しているので、プレッシャーいっぱいのビュッシュ・ド・ノエル作り、ただいまからはじめます。そんなわけで・・・

皆様もどうぞ楽しいクリスマスを!

↓お返事、遅くなりますがお許しくださいませ。
[PR]
by vivaboca | 2007-12-24 20:41 | ...and more
またできるようになった嬉しいこと。
暑い夏はアラスカへ逃亡。流氷で涼み・・・
e0061766_10345763.jpg

というのはもう10年近くも昔のことでした。え、私?今もちろんカリブの島にいます。暑い、とても暑い今は6月。
e0061766_10375279.jpg

これは氷、じゃなくて(もちろん)、塩の結晶。
Salineと呼ばれるこの地域、昔は塩田でした。現在ではコスト高のためにもう生産しても売れなくなってしまったために閉鎖されていますが、久しぶりに前を通ったらこんなふうに真っ白になっていて、つい。「アラスカみたいだ。」と思ったのでした。

暑くなると、アラスカへ行きたくなります。偶然にも去年の今日同じことをここでつぶやいていますが、アラスカではいくつかの忘れられない体験があります。夏になるとそれをまた体験したくて、ふつふつとアラスカ熱が高まります。

忘れられないことのひとつ。
氷河を見に、カヤックを漕ぎ出して行ったときのこと。途中から氷の上に降り立って散歩が始まりました。もちろん、200%大自然のなか。もちろん自然の摂理で体のなかの水分を出したくなってもトイレなんてありません。で。私、大胆にも(というか皆そうしたのだけれど。)氷の上に地図・・・というより穴を開けてきました。
いやこれがでもどうして、気持ちよかったのです。汚くて狭い四角い箱のなかなどよりもはるかに人間らしい、というか生き物らしい、そんな気持ちがしたのでした。

話はカリブに戻り、ビーチでのこと。
ここのビーチは全てパブリックビーチですが、公衆のお手洗いなどの設備は皆無。(もちろん着替えの部屋やシャワーのある海の家なんかもありません。)で、ビーチでnature callがかかった場合、もう選択肢はただひとつ。海のなかで、ということになります。子供の頃、プールでだって海でだって、平気で出来ていたのに、大人になってどうも筋肉の緩め方を忘れてしまったようで「海のなかで」出来なくなってしまっていたのですが、最近復活。またできるようになりました。ある意味必要にかられて。そんなことで喜んでいます。で、恥ずかしげもなく(いえちょっとほんとは恥ずかしいけれど)ここで告白。どんどんと自然と一体化(というか、野生化といったほうが正しいかもしれません。)してゆく、カリブ生活の記録として残しておきます。

今日はくだらないお話にお付き合いくださってありがとうございました。。。
e0061766_1161043.jpg

[PR]
by vivaboca | 2007-06-18 11:12 | caribbean life
ん?
e0061766_5533363.jpg
A la plage de gouverneur

なんだかビーチわきの立て札にしては、しっくりこない単語が目に飛び込んできて。
思わず、ん? となりました。
で、どっと笑えました。だってここのビーチ、奥へ行くとヌードビーチになっているし、
満月の夜がとても美しいビーチ」と地元の人のあいだでは人気なのでした。

Dangerous...かどうかはわからないけれど、うーん。確かにここ、そんなこともありそうなビーチですよ。。。ちなみに、どこのビーチもパブリックになっていて、犬は基本的に立ち入り禁止です。
[PR]
by vivaboca | 2007-06-02 06:04 | caribbean life
雨のあと。
e0061766_222382.jpg


まだぽたぽたと軒下に雨つぶがぶらさがる、雨上がり。
びっくりするようなはやさで青空が戻ってきます。
いえ、時にはどしゃ降りながら青空だったりすることも。
5月のあたま。
ものすごぉく暑いです。
[PR]
by vivaboca | 2007-05-05 02:09 | caribbean life
白いパーティー。
結婚パーティーに招待してもらいました。

といっても、披露宴ではなくて、前夜祭のようなもの。アメリカから式を挙げにやって来たカップル、世界中からの招待客、総勢80名(!)を率いて3日3晩の結婚式です。
優しい花嫁のお父さんも印象的でしたが、何といってもこの夜のパーティー、ドレスコードが「白」ということで、み~んな真っ白の装い。私とSr.BOCAも手持ちの白い洋服で出かけてゆきました。
e0061766_4125646.jpg

ドレスコードといえば、フォーマルやスマートカジュアル、などありますが、この日の「白」コードはとてもスタイリッシュでした。結婚式に招待されている人同士の連帯感というか、白い色に気持ちがひとつになる感じもして、こんなふうに意味のあるパーティーのドレスコードにぴったり。ビーチに面したレストランでの着席型パーティーでしたが、カジュアルな人も、思いっきりドレスアップした人も、白い色で統一されてまったく違和感もなくて。
そこへ。花嫁だけが、背中の大きく開いたターコイズブルーのドレスで現れました。
翌日は白い花嫁衣裳をつける彼女だけが、今夜は青い装いで白い(人の)波間を行ったり来たり。傍目にもかっこよいパーティーだったと思います。
こちらの結婚式には引き出物の習慣はありませんが、この日に頂いたのは、二人の思い出の曲を集めた手作りのCD。
e0061766_4524373.jpg

今これ聞きながら書いています。

いつまでもお幸せに♪
[PR]
by vivaboca | 2007-04-30 04:55 | caribbean life
Regatta
ものには旬というものがあって。
e0061766_22143291.jpg

感動したことはその日のうちに書きとめておきたい。と思いながら、まったく最近おいついていないのが現状。でも旬な感動を今日はひとつ。
この週末、島であったレガッタ(帆船レース)。壮観でした。

世界で一番大きなヨット。
[PR]
by vivaboca | 2007-04-04 00:47 | caribbean life
La Maison
「ただいま。」と言える場所。
e0061766_5392942.jpg


やっと家が決まりました。
そして引っ越してきました。

こんなところへ。
[PR]
by vivaboca | 2007-03-20 05:52 | caribbean life
日曜日のお散歩
春です。スウェーデンの陽射しもこんなに強くなりました・・・!?
e0061766_5591192.jpg

bocaはどこに来ているのでしょう?

正解は・・・
[PR]
by vivaboca | 2007-03-13 06:50 | caribbean life
No wonder...
「一ヶ月かかります。」
e0061766_7151550.jpg


日本への航空便小包がそんなに時間がかかるとは。
なんでもこの島発の手紙や小包は、
世界のどんな場所宛てにしても一旦本国フランスへ送られるのだ、と。
あぁそれでそんなに時間がかかるのね。と納得出来るようなしたくないような。
飛行機で数時間の距離のフロリダやニューヨーク宛ての手紙だって、
まずはフランスへ飛んでってしまうなんて。(なんという無駄。)

そんなわけで、1月の終わりごろに届けばいいわ、と思っていた小包が
実は1月半ばにちゃんと届いていたことに喜び驚き・・・

さらに嬉しいことに。
[PR]
by vivaboca | 2007-01-23 08:26 | arts & goods
Season's Greetings
今年も残りわずか。

e0061766_558450.jpg


あまり・・・どころか全くサンタの来る気配の感じられないサンバルテルミの12月。
来るとしたら・・・やっぱり赤いサーフパンツ姿で波に乗ってやって来るのかしら。
などと思いつつ、
今年はSr.BOCAにクリスマスプレゼントさえ選んでいないことに今頃気づき。
ギフトもカードもツリーもケーキも、ないない尽くしのクリスマス。
それでもまぁ今年無事に過ごせたこと、
新しい生活が順調(じゃないこともいくつかあるけれど。)にはじまったこと、
たくさんの幸運と周りの人の支えに感謝。

クリスマスのムードがなくてちょっと幸せな理由。
それは、夫婦揃って今年はクリスマスに仕事をしなくてはいけないから。
そうなのです、仕事を始めました。
といってもアルバイトに毛が生えたから毛を3本ほど抜いたお気楽な仕事ですが、
お金を貰うからには、きちんと働かなくては。
その「きちんと」度も、南国独特のスケールなのであまり威張れませんが。
というわけで、いつも季節感のないBOCAのブログ、
12月のGreetingsもやはりビーチからということで。


どうぞ皆さんにも素敵なクリスマスがやって来ますように・・・。
[PR]
by vivaboca | 2006-12-23 06:35 | caribbean life