ふたりの子供のママの日常から。現在マイアミより発信中。
by vivaboca
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
boca
boca jr.
lila
american life
french country life
caribbean life
mexican life
from the kitchen
recipe
vacation
@france
@japan
@mexico
@bay area
@florida
@brussels
arts & goods
books & movies
...and more
以前の記事
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
カボチャのココナツ煮
from a little taste..
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
じゃっ。
from 本日の、のんし。
水まんじゅうは、瑞々しく!
from 本日も和菓子日和です
大きなプレートのごはん。
from Rolling in Mor..
ライフログ
タグ
(28)
(24)
(22)
(19)
(18)
(17)
(13)
(12)
(11)
(8)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
gateau poerava
その名も、真珠のケーキ。 Gateau Poerava ←と名付けたのはbocaですけれど。(タヒチ語で真珠はポエラヴァっていったはず。)
e0061766_5231123.jpg

今日は、lilaの1さいのお誕生日でした。特別なことはなにもなかったけれど、いちおうケーキだけは焼いてみました。ガトーショコラしか食べないJr.を気遣ってチョコレートたっぷりのケーキにしたのに、やつは一口食べて「いらん。」と、拒否・・・!まったく。これひとりで消費する私の負担といったら。。。(きっとぺろりと平らげてしまう自分が怖い。。。)

poeravaのかざりつけの由来は、というと。

はじめてのお誕生日のプレゼントは、何か彼女が一生持っておけるものにしたかったので、Sr.と真珠のピアスを選びました。まだピアスは早いけれど(でもすでに彼女はプレゼントされていくつかピアスを持っている!!!のです。)、「べべが使えないあいだは、ほら、おかあさんがつけていてもいいのですよ。」と、宝石店の販売員にもうまーくのせられて、つい購入・・・。でも日本からきた真珠だからね、迷いはなかったのがほんとうのところ。そのイメージでかざりつけ(っていっても、白いの、ちょこっと並べてみただけですけれどね。ふふ。)

なぜみどり色?

それはもちろん、Kate MiddletonさんのDVFのグリーンのドレスをイメージしてロイヤルなケーキにしたかった・・・からではなく、ただ単に、今日がSt.Patrick's Dayだったからです。はい。

ま、ケーキはともかく。

1さいおめでとう、lila。
あなたが生まれてきてくれたことに、ママはとてもとても、感謝しています。
[PR]
# by vivaboca | 2012-03-18 05:41 | lila
Jr.とふたり旅。
旅・・・ってほどの距離でも時間でもなかったけれど。それでもいちおう。
e0061766_15125771.jpg

ここからゆっくりと電車にゆられて、Jr.とふたりきりでパリの街を歩いた週末。

ほんとうは、ひとりで行こうと思っていたのでした。ちょっぴり気分転換したいモード中だったので。でもここのところ、あまりJr.とふたりの時間がなかったことに気がついて、そうだ、彼を連れて行こう、と決心!・・・してからは、あっちやこっちに行って、この人に会って・・・というプランはもう、いっさいしないことに。(あ、でも一人だけ約束させてもらいました。その話は後ほど。)

むかーしむかし、まだ bocaが2歳になる前に、母とふたりで電車に乗って遠出をした記憶がはっきり残っています。(そのころはまだ普通にあった)食堂車で、コーンスープを飲んだ、という記憶までしっかりと。もしかしたら彼にも「ママと電車でパリへ行った。」という記憶が、どこかにちらりと残るかも、なんて期待も抱いたりして。ほら、まだ「行くわよ。」といえば、ついてきてくれるけれど、そのうち子供なりの世界がいそがしくなって、「行かない。」とか、その先には誘いを無視されるようなお年頃も待っているだろうし、こうやって「息子とふたりでおでかけ」が楽しくできる時期なんて、思っているより短いのじゃないかしら、と焦りだしたくらい。(苦笑)

e0061766_20594971.jpg


とにかく、歩き回った、まわった(もちろんベビーカー持参)。公園を見つけるたびに入って遊ぶはめになりましたけれど。下の子ができてこの1年、彼もいろいろ我慢していたのかなぁ、と思うと、このふたりの時間がものすごくいとおしく感じられました。ミニマムな荷物で出かけたので、カメラさえ持っていかず。写真は携帯で何枚かとっただけ。ちょっと残念な気もするけれど、でも写真に残す必要ないくらい、彼とふたりで歩いた、見た、パリの景色は、思った以上に新鮮で、私の脳裏にきっといつまでも焼きついているはず。

今度は、パパとlilaといっしょに来なくちゃね。
(でもJr.とふたり旅もヤミツキになりそう。。。)
[PR]
# by vivaboca | 2012-03-15 21:13 | @france
江里子さんの Love You Forever
2012年3月11日 日曜日。
e0061766_5492426.jpg

私はJr.とふたりでパリにいました。

1年前の今日から、毎日毎日いろんなことを思ったり考えたり。

それはきっと、私だけじゃなくて、東北の人だけじゃなくって、日本人だけでもなくって、きっと世界中の人がそうしたし、これからもそう。たとえその度合いや内容は人それぞれだったとしても、あの日涙したみんながこれから向かいたい先は、きっと同じ方向なのじゃないかしら・・・

そんな気持ちがした日曜の午後。

Jr.と私は、パリのとあるギャラリーにて、中村江里子さんによる読み聞かせに参加。3.11チャリティーイベントのひとつでした。

ろうそくのようなオレンジ色の明かりを灯した小さな小さな地下室で、江里子さんは3冊の本を読んでくださいました。2歳半のJr.がじっとしていてくれるかどうか心配だったのだけれど、私の膝の上で、だまって話を聞く彼。最初の絵本、『おおきなかぶ』は江里子さんの「よいしょ、こらしょ、どっこいしょ。」が楽しかったらしく、よーく笑っていました。 2冊目の『ラブ・ユー・フォーエバー』は、大人向け。江里子さんも「これは来てくださっているお父さん、お母さんへの読みかたりです。」と。

この絵本。

私もJr.の出産祝いにもらって、時々「自分のために」読んでいます。
必ず泣きたくなるのだけれど、それは嬉しいからなのだか悲しいからなのだか、よくわからない。切ない気持ちになるけれど、でもほんわり暖かくて幸せで。

どんなに歳月が流れても、子供から大人へと歳をとっていっても、変わらない大切なものがある、それは目に見えないけれど、そしてついつい、忙しい毎日のなかで忘れてしまいそうなことなのだけれど、でもほんとは自分のなかの中心にその大切なものはいつもある、ってことを気づかせてくれるこの本。Jr.にはこの本の内容はなんのことだかちんぷんかんぷんだったはずだけれど、この大切なメモリアルの日に、母親として息子を膝に抱えながら、やはりこの本を好きだという3人の子供の母親である江里子さんに「読んでもらった」ことが、なんだかとても贅沢で幸せなことだったのでした。

その幸せに感謝することを、いつまでも忘れないために。

祈り。
[PR]
# by vivaboca | 2012-03-14 06:53 | books & movies
初節句
このあいだからちょっぴりはまっているのがこれ。
e0061766_224323.jpg

ここのスーパーで買える鯛、Dorade Royale をつかった鯛飯。簡単にできるし、やっぱり鯛はおいしい。いつも切り身(のほうが扱いやすいし。)のCabillaud(鱈の一種)ばかりなのだけれど、こっちは「さかな」を食べてる感じがあまりないのよね。あっさりし過ぎで。
フランス内陸部の魚屋なんてなんとなく信頼できない・・・なんて思っていたけれど、実はまったく食べられたものじゃない・・・なんてわけでもなかったのです。刺身で食べる勇気はないけれど。
e0061766_4392124.jpg

今年の3月3日は、lilaの初節句でした。
といっても、何も特別なことはしてあげられなかったのだけれど、せめて(?)おめでタイ鯛飯くらいでお祝いを。おひなさまといえばハマグリのお吸い物・・・ですが、これは入手できなかったのでpalourde(あさり)です。
もうすぐlilaの1さいのお誕生日。3月生まれ(の女の子)って、いいなぁ。別に、これって理由はないのだけれど。
[PR]
# by vivaboca | 2012-03-05 04:45 | from the kitchen
Coral Orange
「何色がいちばん好き?」

という質問は、「今まで行った国でどこがいちばん好き?」と聞かれるのとおなじくらい、答えにくい質問。好きな色の組み合わせとか、着るものなのかインテリアなのか、とか、もうそれはありとあらゆる可能性があって、決められない。。。季節によっても、自分がどこにいるかによっても変わってきます。が。
e0061766_6162643.jpg

やっぱり、オレンジはいちばん好きな色なのかも。

春物のストールを買いました。
この春の新作はどこのお店も鮮やかな色が目白押しだけれど、オレンジはそのなかでもだんとつ。きっと今年の色、なのだわ。フレンチトリコロールも目を引きました。(あれもかわいい色の組み合わせ!)
ほんとは、カシミヤでこの発色を、もうこの2年くらい探していたのだけれど、とうとう見つからず。微妙に蛍光だったり、赤っぽすぎたり。これはモダールという自然繊維でできているのだけれど、肌触りがとにかくよくて、この春のヘビロテになること間違いなし、の予感。
bocaにとってこの色は、どこかexoticなイメージ。かりんかりんの太陽の照りつける砂漠とか、そんな感じ。でもほんわり暖かくって、幸せになる色。まぶしい太陽を思わせる、元気になる色でもあります。

早く暖かくなぁれ。
[PR]
# by vivaboca | 2012-02-27 06:33 | arts & goods