ふたりの子供のママの日常から。現在マイアミより発信中。
by vivaboca
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
boca
boca jr.
lila
american life
french country life
caribbean life
mexican life
from the kitchen
recipe
vacation
@france
@japan
@mexico
@bay area
@florida
@brussels
arts & goods
books & movies
...and more
以前の記事
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...
最新のトラックバック
カボチャのココナツ煮
from a little taste..
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
じゃっ。
from 本日の、のんし。
水まんじゅうは、瑞々しく!
from 本日も和菓子日和です
大きなプレートのごはん。
from Rolling in Mor..
ライフログ
タグ
(28)
(24)
(22)
(19)
(18)
(17)
(13)
(12)
(11)
(8)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
メキシコ運転事情
去年11月に 車を手放して以来、私は運転をしていない。
乗り換えたのは、コレ。

e0061766_261064.jpg


というのは、ウソだが、
車なし生活にも慣れて、たいした不便も感じることがない。
何処へ行くにも、camionに連れて行ってもらえるし、
タクシー料金も、この辺りを行き来するには、たかが知れている。

それどころか、運転しなくていいのは本当に気が楽。






メキシコのドライブは、かなり肝を冷やすから。

越してくる前、アメリカの本屋で熟読した
「南米移住ガイド」みたいなハウツー本には、

標識の制限速度は、メキシコ人にとって単なる「提案」に過ぎない。

とあった。
まんざら悪くない読みではあるが、
実際のところ、高速道路に限っていうと、

制限速度は、メキシコ人にとって、「最低速度」を意味する。

と言えよう。
CUOTAと呼ばれる有料高速道路は、たいてい空いているので、
高速運転も、まぁそんなに危険というわけではないけれど・・・
夜はほとんど外灯もなく、雨が降ったりするとけっこう怖い。

街中でも、同じようなもので、とにかくみんな、飛ばす飛ばす。
あと、信号を信用してはいけない。
実際壊れている場合もあるけれど、
黄色が「注意、止まれ」というのは日本でのこと。
こちらでは、「赤になる前に飛ばして突っ切れ!」という意味。

でも、なかにはグアナファトという
町全体が世界遺産に指定された都市のように、
信号機の取り付けが禁じられているような地域では、
もちろん、車は歩行者にとても優しいけれど・・・
これはとっても地域性の高いもので、全体には「車両優先」と言う感じ。


クラクションの使い方も、日本のそれとは全然違う。

とりあえず、前方がつかえていると、後ろから「ブー!」
しばらくは、クラクションの大合唱が続く。
最初はイライラしたけれど、これも慣れた。


これが、乗り回して古くなったので 手放した車。

e0061766_232649.jpg


というのも、冗談だが、
別にこれ、廃車置場にあったわけでもなんでもなく、
誰かの所有車。
もちろん動く(はずだ・・・だって、路上に停めてあったし)。
前から見たら、こんなだった。

e0061766_2342880.jpg









あと、もちろんシートベルトも自由(だとしか思えない)!
だって、こういうのもありだし。

e0061766_351890.jpg


運転事情について語りはじめると、終わりそうにないので、
とりあえずこれにて 一旦終了。
[PR]
by vivaboca | 2006-03-31 03:21 | mexican life
<< 手軽でヘルシーにメキシカン メキシカンタイル ver.2 ... >>